2014年7月3日

イルミナティが自ら暴露したNWO計画 22の事例(2)


*過去の投稿「イルミナティが自ら暴露したNWO計画 22の事例(1)」に続く。

12. “I am a most unhappy man. I have unwittingly ruined my country. A great industrial nation is controlled by its system of credit. Our system of credit is concentrated. The growth of the nation, therefore, and all our activities are in the hands of a few men. We have come to be one of the worst ruled, one of the most completely controlled and dominated governments in the civilized world. No longer a government by free opinion, no longer a government by conviction and the vote of the majority, but a government by the opinion and duress of a small group of dominant men.”
- President Woodrow Wilson 1916 

「私は最も不幸な男だ。私は国を知らないうちに台無しにしてしまった。偉大な産業国は、金融システムによって制御されている。我々の金融システムは一点に集中されているから、国の成長と我々の活動は(金融システムを動かしている)数人の手の中にあるのだ。文明化された世界で、我々が(金融資本家によって)最も悪質に統治され、その政府は完全に支配されている国の一つとなった。もはや、この政府は、自由な意見によって、あるいは、信念や多数決の原則によって成り立っているものではない。そうではなく、(金融システムを支配している)少人数からなるグループの意見と脅迫によって成り立っている政府である。」
- 大統領Woodrow Wilson、1916 


13. “It is well enough that people of the nation do not understand our banking and monetary system, for if they did, I believe there would be a revolution before tomorrow morning.”
- Henry Ford

「この国には、我々の銀行と金融システムについて理解している人が多くないようだ。そうでなければ、明日の夜が明ける前に革命が起きているはずだ。」
- ヘンリー·フォード


14. “The drive of the Rockefellers and their allies is to create a one-world government combining super capitalism and Communism under the same tent, all under their control…. Do I mean conspiracy? Yes I do. I am convinced there is such a plot, international in scope, generations old in planning, and incredibly evil in intent.”
- Congressman Larry P. McDonald, 1976, killed in the Korean Airlines 747 that was shot down by the Soviets


「ロックフェラーと彼の仲間たちは、共産主義と資本主義を一体にした世界統一政府を樹立させ、その下で全てを制御することを推進している。陰謀論ということか?もちろんだ。そのような陰謀は存在し、国際的規模で、数世代にかけて計画されてきており、大変悪質な意図によるものであることを私は確信している。」
- Larry P. McDonald議員、1976年にソ連によって撃墜された大韓航空ボーイング747に搭乗していた。
15. “Some even believe we (the Rockefeller family) are part of a secret cabal working against the best interests of the United States, characterizing my family and me as ‘internationalists’ and of conspiring with others around the world to build a more integrated global political and economic structure – one world, if you will. If that’s the charge, I stand guilty, and I am proud of it.”
- David Rockefeller, Memoirs, page 405

「一部の者は、我々ロックフェラー家が、米国の最善の利益に反して作業している秘密結社の一部であると信じている。そして、私の家族と私を「世界政府主義者(internationalists)」と特徴付け、我々が、より統合化したグローバルな政治的、および経済的な構造システムを伴う一つの世界を構築しようと、世界中の国々と共謀していると言う。もし、それが告発なら、私は有罪のままでかまわず、私はそれを誇りに思う。」
- デビッド·ロックフェラー、「回顧録」、p405

16. “It is the system of nationalist individualism that has to go….We are living in the end of the sovereign states….In the great struggle to evoke a Westernized World Socialism, contemporary governments may vanish….Countless people…will hate the new world order….and will die protesting against it.” – H.G. Wells, in his book, “The New World Order”, 1940

「国家主義者による個人主義的なシステムこそ、破壊されなければならない。我々は、国が主権を行使できる最後の時代を生きている。 現在の政府は消え去り、西欧化された国際社会主義(世界政府)を実装しようとしている最中だ。多くの人々は、New World Orderを嫌うが、これに抵抗して死ぬことになるだろう。」
- H.G. Wellsが彼の著書「新世界秩序」で明らかにした内容、1940 

17. “To achieve world government, it is necessary to remove from the minds of men their individualism, loyalty to family traditions, national patriotism, and religious dogmas.”
– Brock Adams, Director UN Health Organization

「世界政府を実現するためには、個人主義、家庭の伝統への忠誠さ、愛国主義、宗教的信念を人々の頭の中から削除する必要がある。」
- 国連のHealth Organization議長であるBrock Adams 

18. “We need a program of psychosurgery for political control of our society. The purpose is physical control of the mind. Everyone who deviates from the given norm can be surgically mutilated. The individual may think that the most important reality is his own existence, but this is only his personal point of view. . . Man does not have the right to develop his own mind. . . . We must electronically control the brain. Someday armies and generals will be controlled by electronic stimulation of the brain.”
- Dr. Jose M.R. Delgado, Director of Neuropsychiatry, Yale University Medical School, Congressional Record, No. 26, Vol. 118, February 24, 1974.

「我々の社会を政治的に統制するため、脳を直接手術する精神外科プログラムが必要だ。その目的は、思考を物理的に支配するためだ。定められた規範から抜け出そうとする人々は、手術で切断されることになるだろう。人は、自分の存在が最も重要な事実であると考えるかもしれないが、それも単なる個人的な見解にすぎない。人は、自分の考えを発達させる権利はないのだ。我々は、脳を電気的に操作する必要があり、いつか、 脳に送られる電気刺激(チップ)によって、軍隊や将軍が制御されるときがくるだろう。」
- エール大学生理学科の教授Jose MR Delgado博士が1974年に議会で発表した報告書の内容




19. “One of the least understood strategies of the world revolution now moving rapidly toward its goal is the use of mind control as a major means of obtaining the consent of the people who will be subjects of the New World Order.”
- From The National Educator, K.M. Heaton

「 New World Orderの支配下にある人々の同意を得るための主要な方法が「マインドコントロール」技術であり、現在急速に進められている世界革命に向けて使われている、知る人ぞ知る策略の一つである。」
- 国家教育家 K.M. Heaton 

20. “We are on the verge of a global transformation. All we need is the right major crisis and the nations will accept the New World Order.”
- David Rockefeller
「我々は、今、世界変革を迎えようとしている。それに必要なのは、都合の良い重大な危機であり、それが起きれば、全人類はNew World Orderを受け入れることになるだろう。」
- デビッド·ロックフェラー 

21. “No one will enter the New World Order unless he or she will make a pledge to worship Lucifer. No one will enter the New Age unless he will take a Luciferian Initiation.”
- David Spangler, Director of Planetary Initiative, United Nations

「ルーシファーに仕えると誓わなければ、誰もNew World Orderを迎えることはできない。ルシファーイニシエーションを受けなければ、誰も新しい時代(ニューエイジ)を迎えることはできない。」
- UNの惑星指導者代表David Spangler




22. “Today, America would be outraged if U.N. troops entered Los Angeles to restore order. Tomorrow they will be grateful! This is especially true if they were told that there were an outside threat from beyond, whether real or promulgated, that threatened our very existence. It is then that all peoples of the world will plead to deliver them from this evil. The one thing every man fears is the unknown. When presented with this scenario, individual rights will be willingly relinquished for the guarantee of their well-being granted to them by the World Government.”
- Dr. Henry Kissinger, Bilderberger Conference, Evians, France, 1991

「今日、国連軍がロサンゼルスの秩序回復のためにロスに投入された場合、米国は憤慨するだろう。しかし、翌日になれば、彼らはそれに感謝することになる!得に、(実際にあるかどうかはさておき)自分たちの生存を脅かす外部からの脅威(宇宙人?)があるとなれば、それは確実だ。むしろ、世界中の人々が、この脅威から救ってくれと頼み込んでくるだろう。人は、無知なものに対して最も恐れを感じる。 このようなシナリオが提示されれば、世界政府によって保証される幸福のために、人々は喜んで自分の権利を放棄するだろう。」
- ヘンリー·キッシンジャー、1992年にフランスで開かれたビルダーバーグ会議にて


記事原文>>22 QUOTES That EXPOSE The Elite's Agenda.. IN THEIR OWN WORDS! ... SHARE&WAKE UP A FRIEND!


* ルーシファー崇拝者であるイルミナティは、ホルス(反キリスト)が支配する世界政府(New World Order)の樹立のための全ての準備を終えている。このシステムに抵抗したり、反対したりする者は、近いうちに大々的な粛清を受けることになるだろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿