2014年2月5日

人間と動物が結合された雑種が生み出されている。




FACT:世界中の科学者たちは、人間と動物を組み合わせた奇妙なキメラ(モンスター)を生み出した。過去10年間で、遺伝子組み換えの分野では驚くほどの科学的な進歩があった。その結果、現在では、大学に通う学生たちも、地下実験室で新しい形の生命体を作り出すことができるようになった。 

新しい耳が必要ですか?はつかねずみの背中に一つ育てればよい。残念ながら、人類の法律は、このような科学的な進歩に追いつけず、多くの国の科学者は、法的制裁がほとんどない状態で研究を進めている。全世界の研究室では、人間と動物を結合させた怪奇な雑種(Hybrids)が生みだされている。

実験室で作られた遺伝子組み換えモンスターが、外の世界に出て繁殖を開始することで大惨事が開始されるという内容は、 SF映画の定番モチーフの一つである。しかし、これは空想ではなく、現実になりえる時が来たのだ。

LifeNews.comによると、ウィスコンシン大学の研究員が、人間の胚から抽出した細胞をマウスの脳に移植することで賢いねずみを生み出したという。

人類は、地球上の生命体の遺伝子コードを変形させることができる能力を得た。おそらくこれは、人類の最大の脅威となるだろう。以下は、遺伝子組み換えにより誕生したモンスターと推測される、あるいは遺伝子組み換え怪物が誕生した場合、このような姿になるだろうと推測して見ることができる生命体についての動画である。








20087月、ロングアイランドのビーチに遺伝子組み換え生物と思われる遺体が発見されて関心を集めている。


1896年にイギリスの作家H.G. Wellsが執筆し、複数回に渡りハリウッド映画でも取り上げられた空想科学小説のThe Island of Dr.Moreauの中のモロー博士は、人間と動物の遺伝子を結合して生み出した「雑種人間」が住む小さな島の話だ。 100年以上前に書かれた空想科学小説を実現させる技術が既に完成された時代を私たちは生きているのだ。



* 一部の神学者は、創世記6章に記録されたノアの洪水による神の審判が、神の子たち(堕落天使)と人の娘から誕生した雑種人類(Hybrids)「ネフィリム」(創世記6:4)」を、この地から一掃し(ノアとその家族を通して)純粋な人間の血統を守るために神が下した避けられない選択だったと解釈している。


ノアの洪水による裁きの後、数千年の時が経った今、再び人間の高慢な知識のために、人間と動物が融合された現代版「ネフィリム」が誕生しようとしている。終末の時を「ノアの日」(マタイ24:37)のようだとされたイエスの言葉を忘れてはいけない。


0 件のコメント:

コメントを投稿