2013年12月24日

SHINeeのカラフルと同性愛の象徴の虹


グループSHINeeが、5枚目のミニアルバム「カラフル( Colorful ) 」のミュージックビデオを昨日( 20日)の午後、 SMTOWN YouTubeチャンネル、フェイスブックSMTOWNなどを通じて電撃公開した。


一年を終えてファンの声援に感謝する心を込めて、特別製作したと言われている今回のミュージックビデオでは、明るくて楽しい雰囲気の曲と共に、SHINee2013年の様々な活動の様子をスケッチした映像を演出した。

カラフル( Corlorful )という曲のタイトルのように、5人のメンバーたち各自が自分の個性を示す色を持って登場するミュージックビデオは、同性愛の象徴である虹を連想させる。

歌の歌詞の中には「あの無地のTシャツの上に虹を描いて 夕焼けの海の上に色を着せて
君が描く風景は何よりも暖っかい 今君を感じてきた風にあたって」という内容がある。歌詞からもカラフルな色が集まった虹を念頭に置いてつくられた曲であることを表わしている。

K-POPをリードしているアイドルグループを通して、韓国にゲイのファッションが流行するようになったことは、すでによく知られた事実である。SHINeeのようなアイドルグループを使って、カラフルなゲイファッションと同性愛文化が若者たちに広がっているのだ。


カラフルMVの一場面。同性愛者の象徴である虹を連想させる様々な色の服を着て登場する。美少年のイメージで始まったSHINeeは、デビュー当初から同性愛コードを狙って始まったグループではないかという疑いを受けている。

SHINeeが公演中に同性愛を連想させる不思議なパフォーマンスをしている。

イルミナティカードに登場する「ゲイ(同性愛)アジェンダ」
過去のアルバム「Dream Girl」のミュージックビデオに登場する典型的な「ゲイのファッション」 - ミノとオニュは同性愛の象徴である虹のシャツを着て、虹のネクタイを身に着けている。
インターネットから別名「SHINeeのジッパーブレスレット」という名前で売られているカラフルな虹色のブレスレット(上の写真) - 外国でゲイのブレスレット(gay bracelet)として売られている製品(下の写真)と同様のコンセプトで作られたことがわかる。






同性愛の象徴である虹色の旗とロゴ、最初の8つの色で始まった虹の旗が、1979年からは6つの色に変わった。

ファッションという名前で同性愛文化が広がっている。


先週(14日)には、SHINeeのメンバーの一人ジョンヒョンは、トランスジェンダーであることを明らかにしている聖公会大学社会学部のカン•ウンハさんが作成した「元気ではありません」壁新聞の全文を、自分のツイッター(@ realjonghyun90)のプロフィール写真にし、同性愛の問題をイシュー化させている。

この壁新聞プロは今年4月、同性愛者の法的平等権を主張する「差別禁止法」が国会を通過しなかったという事実と韓国初の同性結婚式を挙げたキム•ジョグァンス - キム·スンファンのカップルの婚姻届が拒絶された事実から「元気ではありません」という内容が込めている。


去る14日には、SHINeeのメンバージョンヒョンが、トランスジェンダーであることを明らかにしている聖公会大学社会学部のカン•ウンハさんが作成した「 元気ではありません」壁新聞の全文を、自分のツイッター( @ realjonghyun90 )のプロフィール写真に設定し、同性愛の問題をイシュー化させた。

また、去る17日には、イエズス会出身のフランシスコ教皇が教皇として初めて、同性愛者が選んだ「今年の人物」に選定された。

インターネットポータルサイト、GoogleDAUMのロゴ(特に最近変わったスマートフォンで検出される以下のようなサイトのロゴ)が虹を連想させる「カラフル」な色で装飾されているのも偶然ではないと思われる。

同性愛を拡散させて、伝統的な価値観や社会の基本的な構成単位である家庭を崩すという世界政府主義者(イルミナティ、フリーメーソン、イエズス会)​​の課題は、現在様々な分野で「カラフル」に進行しているのだ。



代表的なポータルサイトGoogleDAUMのロゴも同性愛者の象徴である虹を連想させる「カラフルな」姿で飾られている。

イルミナティ企業、Appleとメディア企業NBCのロゴも同性愛の象徴であるカラフルな虹色で作られている。


*SHINeeのファンの中でSHINeeがイルミナティ(あるいは彼らのアジェンダ)と関連がないと主張される方は、「SHINee」という言葉がなぜ「イルミナティ」という言葉と同じ意味を持っているかどうか、そしてSHINeeの代表曲が、なぜイルミナティが仕える「ルシファー(サタン)」なのか考えて見てください。




0 件のコメント:

コメントを投稿