2014年6月6日

ディズニーのゲイ祭り Gay Days


ウォルトディズニーの同性愛の祭典、Gay Daysは、毎年ゲイ(LGBT)が、家族や友人とその支援者と共に、年に一度、オーランドのディズニーワールドに足を運ぶことから始まった。毎年6月の最初の土曜日に開催されるGay Days祭りは、今では全世界で最大規模の同性愛の祭りの一つとなった。


19913,000人のゲイやレズビアンが集まって始まったこのイベントは、1995年には10,000人、また2010年には15万人が参加する大規模な祭りとなった。 2014年は、63日から69日まで、ディズニーのGay Days祭りが行われる。



ディズニーGay Days祭りに参加した同性愛者



* フリーメーソン33位だったと知られているウォルトディズニーが設立したウォルト·ディズニー社は、ここで製作したアニメーションを用いて、妖精や魔法のようなオカルト文化を大衆に伝播して広める働きをしてきた。

ディズニーはまた、1930年の始まりから政府機関が関与したオカルトエリートから、秘密のプロジェクトに活用されてきたことでも知られるが、それがMK-Ultraプロジェクトである。ディズニー社は、マインドコントロールの実験として使われたアニメーション作品(オズの魔法使い、ピノキオなど)を製作し、製作された作品の中に、意図的にマインドコントロールのシンボルとtriggers(対象者がその場面を見た瞬間、マインドコントロールに陥るように意図されるシーン)を注入してきた。

ミッキーマウスクラブを通じて募集された多くの子供たちは、スターになる過程で、このMK-Ultraプロジェクトの犠牲になってきたことが分かっている。このマインドコントロールの犠牲者であることを示す代表的な象徴(trademark)の一つは、mouse ears(ミッキーマウスのヘッドバンドもしくは帽子)である。


フリーメーソンの33位だったと知られるウォルト·ディズニー

自分たちが製作したアニメーションを用いて、イルミナティの存在を知らせることに努めてきた。 “Ask About Illuminati”(イルミナティについて聞いて見てください)

ミッキーマウスクラブ出身のブリトニー·スピアーズは、MK-Ultraプロジェクトの代表的な犠牲者として知られる。

このようなディズニー社が、最近では、これまでタブー視されていた同性愛を伝播することに積極的に乗り出している。本文で紹介したように、オーランドにあるディズニーワールドが、毎年6月にGay Daysというゲイ祭りを開催しており、今年初め、韓国だけで1千万人を超える観客を動員したアニメ映画「アナと雪の女王」の中に同性愛コードを露骨に表わしていることが知られている。

家族全員が一緒に楽しめる遊園地で世界最大規模の同性愛祭りを開き、家族映画を標榜したアニメーションに同性愛コードを隠しながら同性愛を促進する(拡散)するということの先頭に立っているのだ。

最も純粋でなければならない子供たちに、最も醜悪な働きをしているイルミナティ企業であるディズニーの素顔を見ることができる必要がある。

家族映画に同性愛コードを埋め込んだディズニーのアニメ映画「アナと雪の女王」

関連記事>>


0 件のコメント:

コメントを投稿