2014年6月3日

オバマが軍人の脳内にチップを埋め込み始めた。



Defense One - ペンタゴンが、PTSD post - traumatic stress disorder 心的外傷後ストレス障害)を経験している軍人と退役軍人を治療するため、新しく革新的な脳に移植させるチップを開発している。このチップが開発されれば、不安や憂鬱感を経験している多くのアメリカ人を治療する方法にも画期的な変化をもたらすだろう。




1,200万ドル(必要であれば2,600万ドルまで)をかけ、米国防省の高等研究プロジェクト機関( Defense Advanced Research Projects Agency, or DARPA )が開発を進めているチップは、脳の中に記憶を植え付け、不安や憂うつ、またその他の精神的な病気を治療できると期待されている。

サンフランシスコにあるカリフォルニア大学のLawrence Livermore National LabMedtronicの研究チームが、脳に移植する人工頭脳チップの開発を担当しており、国防省は5年以内に最初のモデルを完成させ、FDAの承認を受けることを期待している。


* 心的外傷後ストレス障害に苦しむ軍人を助けるという名目で開発中の脳に移植させるチップは、上記の記事で明らかにされたように、脳に仮想の記憶を保存して、電気信号を通して感情を操ることが可能な最先端の「マインドコントロール」ツールなのである。

このチップを移植した瞬間、その人は、チップを制御する人、あるいは、コンピュータの指示に従って行動し、感じ、考える、それこそゾンビ(ロボット)のような存在になってしまうだろう。映画「トランセンデンス」の世界が現実となっているのだ。

世界政府主義者は、このように、様々な名目で執拗に体内にチップを埋め込もうとしている。人々の体の中にチップを埋め込み、すべての人々が彼らの奴隷になるような世界を夢見ているのだ。


* ロックフェラーは、自分たちの(イルミナティ)の最終的な目標が、人々の体の中にチップを埋め込むことだと明らかにしている。






0 件のコメント:

コメントを投稿