2014年6月4日

グーグルの衛星を使ったインターネット網の構築事業と666システム



- グーグルの衛星を通しての全地球的な無線インターネット網の構築は、666システム構築の第一歩である。




Googleは、インターネットが普及していない場所からでもインターネットを利用できるように、180の高性能の小型衛星を通して、無線インターネット回線の中継プロジェクトを開始する計画があることが分かった。

Googleは、この事業のために少なくとも10億ドル(1,000)、上限は30億ドルを予算に策定する計画であり、プロジェクトの責任者として、衛星通信会社である「O3bネットワーク」の創業者であるグレッグ·ワイラーを最近迎え入れたことが分かった。

Googleは昨年、熱気球を航行させてインターネットサービスを提供するための「ルーン プロジェクト」を発表しており、今年4月には、太陽光で飛行する無人機ベンチャー企業「タイタンエアロスペース」を買収し、遠隔地のインターネット普及のためのプロジェクトを推進することを発表している。






熱気球、ソーラー無人機を利用したインターネット網の構築に限界を感じ、Googleが人工衛星を通して世界中のインターネット接続環境の構築事業という新たなプロジェクトを発表した。


* 世界中どこからでも接続が可能な無線インターネット接続環境を構築するためのGoogleのプロジェクトが具体化されている。熱気球やソーラー無人機を利用したインターネットの普及プロジェクトに限界を感じ、Googleが最大30億ドルまで投資する人工衛星を通して、無線インターネット回線の中継プロジェクトを再び発表した。

費用がどんなにかかっても、全世界をカバーできる無線インターネット網を必ず設置するというGoogleの意志が伺える。インターネットが普及していない地域でもインターネットを利用できるように推進しているというこの計画は、どうしても経済的な側面を計算したプロジェクトではない。文明と隔離された地域に生きる人々に、インターネット網は必要のないはずで、そこを訪れるごく少数の探検家のためにインターネット網を構築するというのも、経済的な側面からは理解しがたい。

結論から言えば、イルミナティのアジェンダを忠実に履行しているグーグルの「全世界無線インターネット網構築事業」は、コンピューターを通してすべての人々の一挙手一投足を監視し支配する「666システム」の構築の第一歩とみられる。

人々の体の中にコンピューターと連動したベリーチップ(RFIDチップ)を挿入するとしても、コンピューターとの接続が不可能な地域では、ベリーチップも無用の長物となってしまう。つまり、コンピューターを使用した監視制御システムが完成されるには、まず、全世界的な無線インターネット網が構築されることが先決という意味だ。

グーグルの全地球的な無線インターネット網構築事業は、金儲けのための投資事業でも、全人類に文明の恩恵を分け与えるという慈善事業でもない。地球上に住むすべての人々を、インターネットを司るコンピューター(BEAST)の制御下に置くというイルミナティの長年の野心を実現するための陰謀なのである。


全世界的なインターネット網と体に挿入されたrfidチップを通して、コンピューターを使用した完全な制御社会を実現するというのが、まさに、666のシステムなのである。





0 件のコメント:

コメントを投稿