2014年5月28日

映画「トランセンデンス」 チップを通して人々を操るNWOのビジョンを演出




- 天才科学者が超越( transcendence )した能力を持つスーパーコンピューターで復活する。



以下は、ネイバーで紹介されている映画 トランセンデンス のプロットである。

人間の脳は、アップロードされたスーパーコンピューター「トランセンデンス」
あなたのどんな想像もこの映画を超えられない!

人類が数億年かけて成し遂げた知的能力を超越して、自覚能力まで持ったスーパーコンピューター「トランセンデンス」の完成を目前にした天才科学者「ウィル」 (ジョニー·デップ)は、技術の進歩は人類の滅亡だと主張する反テクノロジー団体「 RIFT 」の攻撃に遭い、命を失う。恋人「イヴリン」 (レベッカ·ホール)は、ウィルの脳をコンピューターにアップロードさせて彼を生かすことに成功するが、別の力を得た彼は、オンラインに接続して自分の領域を全世界に広げ始めるのだが.....


1. 人類の進化の最終段階トランスヒューマニズム

人間が進化の過程を経ていると信じているイルミナティは、この進化の最後に、人間が神のような超越( transcendence )した能力を持つ存在になるという信念を持っている。そして、このような信念を進歩させ具体化させるため、彼らは、ハイテク医学および科学技術を総動員して、人間の寿命や能力を全知全能の段階にまで引き上げようと試みている。これは、イルミナティの主要アジェンダの一つである「トランスヒューマニズム(超人プロジェクト) 」である。

先日公開されたハリウッド映画(日本公開は628トランセンデンスのテーマは、この「トランスヒューマニズム」である。死を目前にした天才科学者が、自分の記憶をスーパーコンピューターにアップロードすることで、仮想空間を通して生命を延長し、インターネットと接続しているスーパーコンピューターを使って、自分の領域を全世界に拡大するという内容だ。

天才科学者が、スーパーコンピューターによって、時間と場所と能力の限界を超えた映画のタイトルのように、超越( transcendence )した存在に生まれ変わる(復活する)という。このように、映画トランセンデンスは、イルミナティの主要アジェンダの一つであるトランスヒューマニズムをそのテーマとしている。



放射能テロによる攻撃で死んだ天才科学者が、スーパーコンピューターと結合して、人間の人格と超越的能力を兼ね合わせた存在に生まれ変わることになる。





2. 体内に移植されたチップを利用した人間への制御

映画トランセンデンスの最も劇的な場面は、天才科学者と結合されたスーパーコンピューターであるトランセンデンスが学習と進化(研究)を重ねながら、人間と全ての生き物の病気を根本的に治療できる「ナノ(バイオ)チップ」を開発するシーンと言える。

生体組織を再生する能力を持つバイオナノチップが撒かれたとき、死んだ植物が生き返り、また、このチップが人の体の中に注入されたとき、死んだ人を生き返らせる奇跡が現れる。多くの人々は、この噂を聞いて訪ねてきて、このチップを体の中に移植させ、不治の病の治療を受ける奇跡を経験することになる。聖書の場面のように、 身体に障害があった者が、バイオナノチップの移植を受けたことにより歩き始め、盲人が目を開いた奇跡を見せている。



トランセンデンスが開発したナノ(バイオ)チップを移植するとすぐに、死んだ植物が生き返り、死んだ人々も生き返る奇跡が起こる。このナノチップは、生まれつき盲人の目を再生する奇跡的な治癒能力示している。

問題は、このように体内にナノチップの移植を受けた人々は、本人が自覚していない間に、このチップを通してスーパーコンピュータ トランセンデンスと連結され、そのコンピューターから支配を受けることになるということだ。

様々なメリットと奇跡的な治療を前面に出し、人々を体内にベリーチップ(RFIDチップ)を受けるように誘導し、最終的にはこのように移植されたベリーチップを通して、すべての人々を制御するイルミナティの計画を、この映画が露骨に示している。

ナノチップの移植を受けた人々は、コンピューターと接続されてゾンビのように死ぬこともなく、コンピューターからの指令を実行する。
反キリストの勢力(イルミナティ)は、現在のすべての人々の体内にスーパーコンピューターBEAST(獣)と接続されているベリーチップを移植させ、人々を操り、制御するための計画を緻密に進めている。

映画のあちこちに登場するプロビデンスの目は、この映画がコンピューターを通して、チップの移植を受けた人々を制御(コントロール)するイルミナティのアジェンダを扱った映画であることを示唆している。






0 件のコメント:

コメントを投稿