2014年5月29日

イスラエルが、世界初のキャッシュレス社会になるだろうか?



イスラエルが、全世界初のキャッシュレス社会を実現するだろうか?イスラエル首相ベンヤミンネタニヤフ率いる委員会が「イスラエルの現金取引を除去する」ための三段階の措置を発表した。




少なくとも草創期は、個人や企業にも一定部分の現金取引が許されるだろう。しかし、最終的には、全イスラエル国民に、可能な限りの取引を電子決済させることを要求している。

実際に、イスラエルの官僚は、地下経済を活性化させ、税金の支払いを回避できる「現金は悪いもの」という信念を持っていると報道されている。彼らは、現金取引を制限することで、犯罪を減らし、国の財政収入に役立つことを期待している。

全体の98から99 %の取引が現金なしで行われるようになれば、イスラエル政府は、「キャッシュレス社会の実現」が難しくないと見ている。




* 「キャッシュレス社会」への全世界的な動きが素早く行われている。英国では、7月からロンドンのバスが現金を受け付けないという方針を発表し、イスラエルも、脱税や地下経済の活性化を防止するため、 3段階に分けた現金取引を制限する措置を実施することを発表した。

朴槿恵政府の主要な選挙公約の一つが、「地下経済の陽性化」だったと理解している 。イスラエルのように脱税防止と「地下経済の陽性化」のために、韓国も「現金のない社会」に移行させようという主張が近いうちに発表されると思われる。

キャッシュレス社会を可能にする電子決済システムのコアテクノロジーは、獣の印が書き込まれることが確実なRFIDチップである。 「その刻印、… (チップ) を持っている者以外は、だれも、買うことも、売ることもできない」 (黙示録13:17)世界が目前に迫っているのだ。





「 また、小さい者にも、大きい者にも、富んでいる者にも、貧しい者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々にその右の手かその額かに、刻印を受けさせた。 また、その刻印、すなわち、あの獣の名、またはその名の数字を持っている者以外は、だれも、買うことも、売ることもできないようにした。 ここに知恵がある。思慮ある者はその獣の数字を数えなさい。その数字は人間をさしているからである。その数字は六百六十六である。 」(黙示録1316-18節)


0 件のコメント:

コメントを投稿