2014年5月12日

ユーロビジョン· 2014 - イルミナティと同性愛を賛美する祭りの場である。




ポップ音楽の本場である米国とK-POP風が吹いている北東アジア地域と共に、ヨーロッパは、世界のポップミュージック市場を主導している(あるいは消費している)主な地域のひとつです。このようなヨーロッパで毎年開催されるユーロビジョン·ソング·コンテストは、ヨーロッパのポップ音楽を発表する最大の行事である。


米国と北東アジアだけでなく、すでにヨーロッパのポップ音楽の市場を掌握しているイルミナティは、 「ユーロビジョン·ソング·コンテスト」を通じても、彼らの象徴とアジェンダを大衆に刻印させるのに熱心に尽くしている。


1. Drag Queen

1956年、フランス、ドイツをはじめとするヨーロッパの7カ国が参加して始まったユーロビジョン·ソング·コンテストは、今年60回を迎え、デンマークのコペンハーゲンで10日に開催された。各国で予選を経て参加した代表者が競いを行ったこの大会で、今年は、オーストリアの代表であるConchita Wurstが優勝を収めた。

濃い化粧とドレスで着飾ったConchita Wurstは、女性のように美しい容貌と衣装を着ているが、男性の象徴であるふさふさとした髭を伸ばしている。本名はThomas Neuwirthという彼は、公式的な席では、もう一つの人格( drag persona *であるConchita Wurstという名前で活動している。

*男性が女装して行動し、女性性を強調する人々をdrag queenと呼ぶ。 (ウィキ)

Conchita Wurstは、第3の性を持った人々 (同性愛者)に対する寛容を促進するため、自らが別の人格( drag persona )であるConchita Wurstとして活動していると述べている。ヨーロッパと、世界中の同性愛者たちは、このようなConchita Wurstの優勝を大きな喜びで歓迎している。

2014ユーロビジョン·ソング·コンテストは、同性愛を拡め推進する舞台として利用されているのだ。

十字架につけられたイエス様を真似た(嘲笑した)パフォーマンスなのか?
2014ユーロビジョン·ソング·コンテストで優勝したオーストリア代表歌手Conchita Wurstの姿

本名はThomas Neuwirthという彼は、公式的なでは、もう一つの人格(drag persona)のConchita Wurstという名前で活動している。男であるが女装して行動し、女性性を強調している人々をdrag queenと呼ぶ。


2. 二番目は、ユーロビジョン·ソング·コンテストでルーマニア代表として出場した歌手のパフォーマンスと舞台姿だ。 3次元映像(Blue Beam Project)を動員して登場した女性歌手が、繰り返しプロビデンスの目を見せ、男性歌手はプロビデンスの目の形の鍵盤に座って演奏をする。




ユーロビジョン·ソング·コンテストに参加したルーマニアの歌手が示しているプロビデンスの目の姿






0 件のコメント:

コメントを投稿