2014年4月23日

TVのリアリティ番組に出演するために中絶をする。


国が支援する医療費5,000ポンドをかけて豊胸手術をし、論難を起こしたことがあるJosie Cunninghamが、人気の英国リアリティ番組Big Brotherに出演するため、4ヶ月のお腹の中の赤ちゃんを中絶するという計画を発表して議論がされている。


- Leeds (英国)地域に住んでいる24歳のモデルでもある彼女は、現在二人の子供を育てる母親でもある。野心豊富な彼女は、記者団の前で妊娠したお腹を見せ、このような発表をした。自分はかつて売春に陥り、今は4ヶ月の子供を妊娠している。

昨日彼女は、自分のTVキャリアを広めるため、子供を中絶する計画をしていると発表した。 「来年の今頃は、私は子供を持つ代わりに、有名人になっていると思います。」

彼女は、Big Brotherの最終候補者名簿に上がっていたが、自分が妊娠した事実が知られると、最終選考では脱落されたと述べている。彼女はSunday Mirrorとのインタビューで、自分の計画を次のように述べている。

「中絶をすれば、私のキャリアは伸びると思います。来年は、子供を持つ代わりに、有名人になって、淡いピンク色のRange Roverに乗って、大きな家に住んでいると思います。そのためなら、何も邪魔にはさせません。何よりも自分のキャリアを優先にしたいのです。 (赤ちゃんのために自分のキャリアを無駄にはさせません)」


国が支援する医療費に5,000ポンドをかけて豊胸手術をして論難を起こしたことがあるJosie Cunninghamが、プロビデンスの目をロゴにしている英国のリアリティ番組Big Brotherに出演するために4ヶ月のお腹の中の赤ちゃんを中絶するという計画を発表して論議になっている。
記者団の前で、妊娠した自分のお腹を見せ、2015年のBig Brotherに出演するために中絶することを計画していると発表した。



* プロビデンスの目をロゴにしているイギリスで人気のTVリアリティ番組に出演するために、 4ヶ月にもなったお腹の赤ちゃんを中絶(殺害)すると、モデルの経歴を持つ一人の女性が、記者団の前で誇らしげにインタビューの中で言った。

二人の子供を育てている母親でもるこの女性は、お金と名誉を得るためなら、お腹の中の子供くらいは、いくらでも犠牲にできると堂々と主張している。

自分に利益があれば、他人の命も、お腹の中の子供も犠牲にできるという「生命軽視の風潮」が 座礁の惨事を経験している韓国だけでなく、全世界的にすでに蔓延していると思われる。

目の前に広がる世界は、すでに「終わりの日」である。



1 終わりの日には困難な時代がやって来ることをよく承知しておきなさい。2 そのときに人々は、自分を愛する者、金を愛する者、大言壮語する者、不遜な者、神をけがす者、両親に従わない者、感謝することを知らない者、汚れた者になり、3 情け知らずの者、和解しない者、そしる者、節制のない者、粗暴な者、善を好まない者になり、 4 裏切る者、向こう見ずな者、慢心する者、神よりも快楽を愛する者になり、5 見えるところは敬虔であっても、その実を否定する者になるからです。こういう人々を避けなさい。 」( Ⅱテモテ3:1-5

0 件のコメント:

コメントを投稿