2014年4月23日

アースデイを迎え、Google検索ロゴに登場したイルミナティの象徴


以下は代表的なイルミナティ企業であるGoogleが、2014年アースデイ422日)を記念すると言いって乗せた検索ロゴである。

1. ハチドリと共に登場するロゴのGLの文字の先が数字の6のように丸まって描かれている。666を念頭にしたロゴと見える。




2. クラゲが登場するロゴ、マルタ十字(フリーメーソンの十字架)が描かれている。


別名フリーメーソン十字架と知られているマルタ十字が刻まれたクラゲの姿だ。

3. 第三のロゴ、エジプト神話の太陽(牛の糞)を転がす神聖な虫として知られるScarab(フンコロガシ)が登場する。英国の伝説的なバンドBeatlesは、このBeetles(甲虫あるいはフンコロガシ)から取った名前である。 




エジプトの神話で太陽を動かす神の存在として知られるフンコロガシ
英国の伝説的ロックグループ、ビートルズは、このカブトムシの名前から取ったものである。


イルミナティは、すでにジョージアガイドストーンを使って、「自然界と恒久的にバランスを保つため、世界の人口を5億人以下に維持する」という戒律を公然と宣言している。このアジェンダを実行するため制定された「アースデイ」のイベントに、代表的なイルミナティ企業は、Googleを動員して、イルミナティのシンボルを示している。

グーグルは、昨年と2014年の新年にも、それぞれ、人身御供とイルミナティの年を祈願する検索ロゴを公開したことがある。


ジョージア州のガイドストーン - 彼らは、地球の自然環境を保護するという名分で、5億人を除いた人類を虐殺(屠殺)する計画を立てている。


人身御供を連想させる、Google2013年の夏至を記念した検索ロゴ



動く画像で作られたロゴで、三角形の巨大な波が押し寄せて子供たちを順番に水没させるような姿を見せている。



2014年がイルミナティの年となるよう祈願して作成された2014年の新年記念検索ロゴ

2014という数字が踊る舞台背景が、イルミナティの代表的な象徴であるピラミッドとプロビデンスの目の形をしている。 2014年がイルミナティの年になるようにと祈念した検索ロゴなのである。







1 件のコメント:

  1. こうした隠れシンボルによる挑発にどれほどの人が気づいているのか・・・

    返信削除