2014年7月12日

ビル·ゲイツ財団が開発した避妊用コンピューターチップ


ビル·ゲイツ財団の支援を受けた研究チームが、遠隔操作が可能な避妊コンピューターチップを開発した。

このチップは、女性の皮膚の下に移植され、妊娠抑制ホルモンであるレボノルゲストレルを少量ずつ分泌して避妊を助けるものだ。縦横20㎜、厚さ7㎜のコンピューターチップには、少量のレボノルゲストレルホルモンが含まれており、一度に30㎍(マイクログラム)のホルモンを分泌する。


現在、米国当局に臨床試験を申請しており、2018年までに市販されると予想されているこの技術は、他の薬剤を投入するためにも使用できる可能性があると期待されている。

関連記事>>「米国で遠隔操縦可能な避妊コンピューターチップが開発された」(NEWSis)(韓国語)。


* イルミナティの人口削減(Depopulation)に対する課題に、並々ならぬ情熱を見せてきたビル·ゲイツ自身が運営する財団を通じて、体内に移植させる避妊コンピューターチップを開発した。避妊による人口削減と、避妊を口実にしたベリーチップ移植という一石二鳥の考えである。

避妊を調節するホルモンだけでなく、他の薬剤を投入するのにも使用できるとうたっているこの避妊チップは、ベリーチップ普及に大きな貢献をもたらすと見られる。

ワクチンによる人口削減に情熱を見せてきたビル·ゲイツは、現在、体内に移植するチップを使用した人口削減(避妊)を後援している。

0 件のコメント:

コメントを投稿