2014年5月10日

「超連結社会を築く韓国」を実現するコア技術がRFIDチップである。

セウォル号事件で、慌ただしい最近の政府は、未来創造科学部により、情報通信の最高議決機関「情報通信戦略委員会」を発足させ、「 超連結社会を築く韓国」を通じて、2016年までに輸出2000億ドル、貿易収支の黒字1000億ドル時代を開くというビジョンを明らかにしている。 




以下は、NEWSisが報道したこれに関する記事の内容である。

【ソウル=NEWSis】キム·ミンギ記者 = 政府の情報通信の最高議決機関「情報通信戦略委員会」を発足させ、「超連結社会を築く韓国」をビジョンとして、2016年までに輸出2000億ドル、貿易収支の黒字1000億ドル時代を開くと述べた。

軍将兵を対象に、遠隔診療を行ったり、小··高校、無限想像室などに、3Dプリンター3000台を普及したりするなど、 超連結社会」ベースの造成のため、今後3年間で14000億ウォン(1400億円)を投入して4大戦略、 16大課題を推進する。

未来創造科学部は8日、第1次情報通信戦略委員会で、こうした内容を盛り込んだ「情報通信振興及び融合活性化基本計画(以下、 ICT基本計画) 」を確定し、発表した。

ICT基本計画は、インターネットを通じてすべての人、物、機器等が接続される超連結社会時代に向けて準備を進める中心となる経済·社会全般で、融合を活性化するため、政府の推進戦略を盛り込んでいる。

主な内容は▲ソフトウェア( SW )を中心にICT産業の生態系を強化▲融合•拡散させる創造経済の加速▲ICT活用で、国民幸福を実現▲革新力量強化において世界的なリーダーとしての跳躍などである。
                   「政府、 ICT 超連結社会創造韓国」を築く」、NEWSis)(韓国語)


記事の中で「 ICT基本計画は、インターネットを通じてすべての人、物、機器等が接続される超連結社会時代に向けて準備進める中心となる経済·社会全般で融合を活性化するため、政府の推進戦略を盛り込んでいる」という内容が目立つ。

「インターネットを通じてすべての人、物、機器等が接続される超連結社会」を可能にする重要なテクノロジーが、 RFIDチップである。

未来創造科学部によって政府が推進している「 超連結社会を築く韓国」とは、結局、全ての韓国国民にRFIDチップを移植させ、インターネットに接続させることで、コンピュータを通して人の一挙手一投足を監視し制御するNWO (反キリスト)の世界を実現するという構想である。


超連結社会を築く韓国の実現のためのコア技術がRFIDチップである。
20131023日、ソウルCOEXで開催されたRFIDの国際会議(World Congress


チップを受けた人々を、ベルギーのブリュッセルに所在する欧州連合ビルにあるスーパーコンピュータBEASTを通して、制御監視する獣の刻印(666)システムは、ICTInformationCommunication Technology)強国である韓国で最初に構築されるような気がする。


それでも、これを真剣に思って防がなければならない韓国の教会は、あまりにも安易で無知なのが現実である。


0 件のコメント:

コメントを投稿