2014年2月18日

バラク·オバマが同性愛を犯罪と規定したウガンダの法律について「深く失望した」と言及した。



オバマは先週の日曜日の声明で、ウガンダの反同性愛法は「後退的な行動であり、国民の権利を守るために努力しているアフリカの他の国々に良くない影響を与えるだろう」と言った。


ウガンダの大統領Yoweri Museveniは、過去に彼の党員に(発議された法案に)サインをすると言っている。この法律は、同性愛者に対する厳格な処罰規定が含まれている。現在アフリカでは、37カ国が同性愛を違法と規定している。

オバマ大統領は、 ウガンダの大統領Museveniに、同性愛に反対する行為は「米国とウガンダ間の関係を悪化させること」になると指摘しながら、彼はウガンダと世界中で「すべての人間の基本的な尊厳を支持する人々 (同性愛を支持する人々 訳注) 」に「敬意」を表したいと述べた。

前回の選挙期間に同性愛者( LGBT )の全面的な支持を得たオバマは、国内外で同性愛拡散と合法化のための積極的な歩みを見せている。



* ロシアに続き、ウガンダをはじめとするアフリカの多くの国が相次いで同性愛を禁止する法案を通過させている中で、現在、国内外で同性愛の合法化のために熱心に戦っている( ? )オバマが、これに対する深刻な懸念を表明した。

2013年から、政治、経済、文化、宗教、社会の分野で同性愛を合法化させるための動きが全方位的に進む中で、伝統的な価値観や家庭を守るために、同性愛に反対する人々(国々)が、まるで「人間の基本的な尊厳を破壊する」モンスターのように扱われている。

最近の政界で流行している言葉のように、別の意味での「異常の正常化作業(異常なことを、正常なことに見えるようにする作業)」が進められているのだ。この時代が急激にロトの時代に向かって駆け上がっているのだ。
  

男がもし、女と寝るように男と寝るなら、ふたりは忌みきらうべきことをしたのである。彼らは必ず殺されなければならない。その血の責任は彼らにある。 」 (レビ記20:13

あなたは女と寝るように、男と寝てはならない。これは忌みきらうべきことである。 動物と寝て、動物によって身を汚してはならない。女も動物の前に立って、これと臥してはならない。これは道ならぬことである。」 (レビ記18:22,23


あなたがたは、正しくない者は神の国を相続できないことを、知らないのですか。だまされてはいけません。不品行な者、偶像を礼拝する者、姦淫をする者、男娼となる者、男色をする者、 盗む者、貪欲な者、酒に酔う者、そしる者、略奪する者はみな、神の国を相続することができません。 」 (第一コリント6:9,10

0 件のコメント:

コメントを投稿