2014年1月16日

「同性愛は罪」と説教したストリート伝道者が逮捕された。


あるクリスチャンのストリート伝道者が、「同性愛嫌悪」を助長して(社会)秩序を破壊した罪で逮捕された。


LA部の元保安官であったTony Miano氏は、スコットランドで行われた一週間の路上伝道チームに合流して、Dundee街での買い物客を対象に伝道をしていた。伝道をしながら、彼は、イエス様が救うことができるいくつかの罪について説明していた。一般的な罪について説明をしながら、性的な罪にも触れて説明していたが、姦淫と乱交そして同性愛について話し始めた瞬間、一人の女性が自分の息子はゲイだと叫びだした。
  
このような状況を見守ったMianoの仲間Josh Williamson牧師はこのように証言している。

Mianoは、同性愛に焦点を合わせて説教したのではなく、罪全体の説明をしながら、性的罪も言及しただけのことでした。しかし、一人の女性が(同性愛の言及をされるのを待っていたかのように)彼に向かって叫びながら 、その横にいた別の女性と一緒に暴動を起こしました。 」

結局、この女性のおかげで、Mianoは警察に逮捕され、 Williamsonが「一体何の罪で彼を逮捕したのか」と尋ねると、警察は「騒ぎの罪と同性愛嫌悪を助長する発言をした罪」という説明をしたとする。


* 昨年4月、すでに同性愛を罪と言及したという理由で逮捕された経歴があるTony Mianoの又の逮捕は、上記で説明したように同性愛関連団体が緻密に計画して進行させた疑いがあるようだ。
  
先日、アメリカでは、人気のリアリティー番組シリーズDuck Dynastyの出演者( Phil Robertson )がある雑誌とのインタビューで、同性愛に反対する自分の考えを明らかにし、出演停止を受けたこともあった。


米国では、人気のリアリティー番組シリーズDuck Dynastyの出演者Phil Robertsonが、ある雑誌とのインタビューで、同性愛に反対する自分の考えを明らかにした結果、出演停止を受けたことがあった


オバマは既に同性愛に反対するクリスチャンを「潜在的なテロリスト」に分類しており、イエズス会出身の教皇フランシスコも1年程度の在任期間中に、同性愛者たちに向けた宥和政策で破格的な言及を吐き出している。


同性愛を通して広がる社会の基本単位である家庭や神の法と道徳を崩して、最終的に彼らが望む世界( New World Order 、反キリストの国)を建てるという世界政府主義者(イルミナティたち)の計画が、世界的に政治、宗教、教育、マスコミ、文化などの分野で緻密に行われているのだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿