2013年11月6日

WCC総会の666パフォーマンス


これは何であるか?
1. WCCと宗教の統合およびNew World Order

New World Order(世界政府)の樹立を最終的な目標としているイルミナティ(フリーメーソン、イエズス会)​​について少しでも知っているクリスチャンなら、彼らが建てようと努める世界政府がまさに聖書で預言している鉄と粘土の混じった"反キリストの国"という事実を難なく把握することができるだろう。


人類の歴史の中で最も長い間 "秘密結社団体(不法であり秘密)"のフリーメーソン(イルミナティ)は、今も密かにルシファーを崇拝し、将来この地に彼らが崇拝するルシファーの化身、ホルス(反キリスト)が来て、世界を支配するその日を待っている。アメリカの1ドル貨幣にはこのような彼らの信仰を表現する代表的なシンボルのピラミッドと万物を見る目(ホルスの目)が刻まれている。

フリーメーソンのロッジのメンバーが、自分たちが'ルシファー'を信じていると告白をしている。 WCCはルシファーに仕えるフリーメーソンの宗教統合のために作られた"サブシステム"である。

世界政府主義者(イルミナティ、フリーメーソン、イエズス会)​​は、13階段でなるピラミッド( NWO )が完成したら、彼らが待っているホルス(反キリスト)が現れ、世界を支配するという信念を持っている。

New World Order (世界政府、反キリストの国)樹立のための彼らの具体的な計画はそれぞれ、政治、経済、宗教の三つの分野に分かれて進められている。これまで世界経済を動かしてきた米国の経済(ドル)を破壊して、世界のすべてのお金(経済)が統合された新しい世界の経済秩序( New World Economic Order )を設立し、これに基づいて政治的な統合( New World Political Order )を遂げるという目標を持っている。

* New World Orderについてより詳しく知りたい方は、宋 鴻兵 ( ソンホンビン) の“貨幣戦争“を読んで見てください。

しかし、経済と政治の統合が成功したとしても、世界紛争の最大の原因を提供している宗教的な統合がなされなければ、完全な世界政府が実現できないと彼らは考えている。宗教の統合を通じた新たな世界の宗教秩序( New World Religion Order )の責任を引き受けた機関がまさにイエズス会が掌握しているローマのバチカンであり、この宗教統合に向けて前衛の役割をしている機関がまさにWCC 世界教会協議会 )である。WCCはローマのバチカンの全面的な支援を受けておりフリーメーソンの下部組織にあたる。

政治、経済、宗教の分野に分かれて行われているNew World Order (世界政府)樹立計画を彼らは "三脚椅子の計画"と呼ぶ。政治、経済、宗教三つの分野に分かれて行われますが、最終的にはすべてが一体となってNew World Order (世界政府)が完成される予定である。


このように、 WCCは、 "世界教会協議会"という、その名とは異なり、実際は、キリスト教だけでなく、全世界のすべての宗教を統合して一つにするために建てられたイルミナティ(フリーメーソン)の御用団体であり、彼らの究極の目標は、 New World Religion Order樹立を介してこの地にルシファーの化身であるホルス(反キリスト)が支配する世界を作ることだ。



2. WCC祈祷会で示している666パフォーマンス

以下は、111WCC総会のハイライトを紹介した映像とその映像から切り抜いた写真である。銅羅の音と共に行われた朝の祈祷会では、聖書とキャンドルを持った青年たちが葬儀ように整えられた際壇の上に捧げ、聖書とキャンドルのみが置かれた状態で祈祷会が始まっている。

聖書とキャンドルを置く青年たちが着たTシャツをよく見ると、十字架の下に数字の6を連想させるシンボルが描かれている。まさにこの祭壇は神ではなく、 666フリーメーソンが仕えるルシファーと獣(反キリスト)のために作られた祭壇であることを示している。

" ここに知恵がある。思慮ある者はその獣の数字を数えなさい。その数字は人間をさしているからである。その数字は六百六十六である。 " (黙示録13:18



幽霊を呼んでいるのか。どんな祈祷会(礼拝)がシャーマンのように銅羅を打ちながら始めるのか?
聖書は読む書物であり、崇拝するために与えられた本ではない。
 
ローマカトリックと正教会のキャンドルの使用は、異宗教から来たものだ。

幽霊を呼ぶように、チンという音で始まった祈祷会で、聖書とキャンドルを持った青年たちが太鼓のリズムに合わせて葬儀のように整えられた祭壇の上に聖書とキャンドルを捧げている。


青年たちが着ている服には、十字架の下に数字6を連想させるシンボルが鮮明である。この祭壇は神にではなく、666ルシファーと獣(反キリスト)に捧げられた祭壇であることがパフォーマンス中で示されている。
" ユダヤ人だと自称しているが、実はそうでなく、かえってサタンの会衆である人たち "(黙示録2:9

WCC釜山総会公式ロゴの画像が18個の石と葉と鳥の翼たちになっているのも、666を意味する洗練されたイルミナティ(フリーメーソン)数秘術(Numerology)が使用されたと思われる。イルミナティ数秘術で数字1818=6+6+6つまり、666を象徴する数字(パスワード)として使われている。
http://japanese412.blogspot.com/2013/11/wcc666.html

0 件のコメント:

コメントを投稿