2013年7月31日

法王は同性愛者が司祭になれる道を開いてくれる。



教皇フランシスコは聖職者を性的指向に基づいて判断しないという言及をすることで同性愛者に手を差し出した。

"もしゲイが主を探し求めていて良い意志を持っている場合、私はその人を裁くことができますか?"フランシスコ教皇が先週の月曜日初めての海外訪問先、ブラジルの歴訪を終えて帰って来る飛行機の中で多くの記者たちの前でこのような言及をした。


彼の前任者である教皇ベネディクト16世は深い同性愛的傾向を持っている人は司祭になってはならないという文書を残している。しかし、フランシスコ教皇は、同性愛の聖職者たちが許しを得て、その罪は忘れられるべきだと言うことで、これに対するはるかに融和的な態度を見せている。

リンク: Pope opens up on gay priests, says no to women

*過去の歴史の中での同性愛者は、バチカンではタブーとみなされてきたテーマで、歴代の教皇たちはこれを "本質的、道徳的な悪"として扱ってきた。

この点で考察するとき、先日フランシスコ教皇がブラジル訪問を終えて帰って来る飛行機の中で "私は司祭を性的指向によって判断しない"と発言したのは、教会の中で大きな反響を引き起こす可能性の事件とすることができる。同性愛に反対する教会の教義が変更されていない状態では、フランシスコ教皇は、これまでの前任者たちがタブーとした "同性愛者"という言葉まで使用してこれらを同定するような言及をしたのだ。

マラキに予言されているローマの教会を迫害の時代に連れて行く最後の教皇、あるいは偽預言者とみなされているイエズス会出身の教皇フランシスコ1世は、教会を "背教の道"に導くための本格的な歩みを始めたとみられる。


1 件のコメント: