2014年7月31日

2017年までに2011年(福島)と同クラスの大地震が再び発生する。

- 日本の科学者によると、近いうちに再び大きなもの(地震)が発生すると予測している。 

2011年東日本大震災(福島大震災)を予測していたと知られる地震学者である木村政昭名誉教授は、最近のTV番組で、巨大地震が再び日本を襲うという彼の理論を紹介した。彼の予測によると、2017年に2011年と同じ規模の地震が発生するという。


天文家である串田嘉男氏も大地震の発生は遠くないという同様の主張をしている。

去る21日、あるテレビ番組にて、日本を代表する科学者達が、近い将来に発生する可能性のある 地震活動について議論を行った。議論の結果、今後再び大地震が発生するだろうという予測には異論はなかったが、問題はいつ発生するか?ということだった。

記事原文>> Japanese scientist predicts another major earthquake in Japan by 2017


*日本の著名な科学者たちが、福島原発を引き起こした東日本大震災と同規模の大地震が近いうちに発生すると見ている。 2011年の大地震を予測して有名になった木村教授は、その地震が2017年までに発生するだろうと釘をさしている。




2011年の大地震によってすでに脆弱になっている福島原発に、似たような規模の地震が発生した場合、半分は破壊された建物に残っている燃料棒が水槽の外にあふれ、想像を超える災害が起きると予測されている。

2011年の東日本大震災以降、日本ではすでに終末の時限爆弾が作動し始めていると思われる。

1 件のコメント:

  1. 感謝します。
    最後の文章、週末でなく、終末でしょうか?

    返信削除