2014年3月7日

ワールドカップで悪魔体験

KAFの公式スポンサーであるカフェベネが、韓国代表選手たちのワールドカップの善戦を祈願すると言いながら、去る1日から「隠してきたあなたの魂(魂、Horn)を立ち上げよ!」(*(ホン)は韓国語で魂 角(ホーン)の発音に近い)というイベントを行っている。カフェベネのトイレに隠れている魂(魂 悪霊が隠れているという意味か?)つまり、悪魔の角(Horn)を背景に写真を撮ってくれれば、闘魂ボード(?)がもらえるというものである。

「あなたの魂(魂、Horn)を映す鏡」と紹介された下の鏡を見ると、悪魔サタンの象徴である赤い色の二本の角が描かれていることがわかる。この鏡に顔を合わせ、悪魔(サタン)に変わった自分の姿をフェイスブックに投稿してくれというのだ。


大韓サッカー協会の公式スポンサーであるカフェベネがワールドカップを控え、大きな赤い角が付いた悪魔になれる体験イベントを行っている。



悪魔になる体験の極端な事例

来る6月に迫ったブラジルのワールドカップを控え、あちこちでワールドカップの熱気で盛り上がっている中で、昨日、ワールドカップ公式応援団の赤い悪魔の出征式があった。今は100日余り先に迫ったワールドカップの始まりから終わりまで、この地には再び赤い服を着た群れが頭に赤い角をつけて、赤い悪魔であることを自任しながら闇の魂(魂、Horn)を想起させる狂乱の宴を披露し悪魔的な働きが繰り広げられることになるだろう。

悪魔崇拝者が文化的現象に深く位置付けられている間、この地の教会は何をしてきたのだろうか?


ワールドカップの熱気の中で、この地に再び赤い悪魔を探し求める「サタンの祭典」が始まっている。


0 件のコメント:

コメントを投稿