2014年3月18日

イスラエルが失踪したマレーシア航空機を利用したテロの可能性に備えている。


失踪したマレーシア航空機がハイジャックされて隠された場所に位置する可能性が大きくなると、イスラエル当局は、その拉致された飛行機(ボーイング777 )を利用しての攻撃の可能性に備えている。


イスラエル·タイムズによると、イスラエル空軍は、イスラエルにアクセスする民間航空機に航空機識別を以前よりもはるかに早い時点で、通知を要請していると明らかにしている。

マレーシア航空機は、最初は爆破されて海に墜落したものと思われたが、衛星伝送装置によれば、この飛行機が意図的に飛行経路を北に変更して中央アジアに向けたものと観測された。

パキスタンはすでに、自分たちのレーダーには飛行機は検出されなかったと明らかにしているが、ある専門家は、この飛行機は少なくとも防空レーダーが、比較的手薄なバングラデシュに上陸した可能性があると推測した。



ボーイング777機がテロ攻撃に使用されることは、単なる推測に過ぎないが、イスラエルはこれを深刻に受け止めているようだ。核物質を湛えた飛行機がイスラエル上空に表示される場合、もしこの飛行機を撃墜させるとしても、それ自体で大きな災害になることがあるからである。

米国は、まだこの可能性を否定しており、米国の管理者は、この飛行機がインド洋で墜落した可能性が高いという意見を出している。



* 南シナ海でマレーシア航空機が失踪してから、もう11日目を迎えている。航路で跡形もなく急に飛行機が消えたという初めての事件であるが、初期には、テロリストによる空中爆発の可能性が疑われていたが、最近では、航空機のインサイダーである機長や副機長が主導した意図的な拉致事件であるこという推測が出ている。

1957年マラヤ連邦がイギリスから独立して以来、57年間長期執権した与党連合の国民戦線とナジブ·ラザク首相に対する不満が、このような極端な選択を余儀なくさせたという主張とともに、過激な国際テロ組織が飛行機を利用して別のテロを起こそうとしている中の緻密に計画された拉致だという主張も出ている。

アメリカのCIAに劣らない情報力を持っていることで知られるイスラエルが、失踪したマレーシア航空機を利用したテロ攻撃に備えているという事実も、飛行機が別のテロを起こすために拉致された可能性があるという主張に力を加えている。


これは、マレーシアの航空機の失踪事件が、911テロのようにNew World Orderシステムを早める引き金( trigger )として利用されることもあるという意味である。事件の推移を慎重に検討する必要がある。

0 件のコメント:

コメントを投稿