2013年12月5日

ポール·ウォーカーの死をイルミナティと関連づける理由


前回の投稿で、インターネット上では、ポールウォーカーの死がイルミナティ(フリーメーソン)と関連付ける疑いを抱く人々が出てきているという記事を掲載すると、これに対する具体的な内容を知りたがっている人々がおり、ウェブサイトに上がってきた文を紹介する。


下記で紹介したサイトでは、ポール·ウォーカーの死がイルミナティ(フリーメーソン)と関連している疑いは、次の4つの根拠によるものだと提示している。

1 - Paul Walker was making his 33rd movie at the time.  And as you know, the highest degree of a Free Mason is 33.
事故当時、ポール·ウォーカーは、彼の33作目の映画を撮影中だった。フリーメーソンの階級が33度あることは、すでによく知られた事実である。

2 - Walker died at 3:30 ... take away the zero and you have another 33.
ポール·ウォーカーの死亡時間も330分と発表された。ここで再び、33というイルミナティ数秘術の痕跡を見つけることができる。

3 - Paul Walker was in the movie THE SKULLS, which was about the Skull and Bones and he exposed them and they never got over it.
ポール·ウォーカーは、イルミナティ(フリーメーソン)の下部組織である「スカル·アンド·ボーンズ」の正体を暴露する映画「ザ・スカルズ/髑髏の誓い(THE SKULLS)」に出演している。彼らがこれに対する恨みを抱いていたという主張だ。

4 - Articles were written the day before he died about his death. How could they have known
彼が死んだ前日に、既に彼の死について書かかれた(インターネット版)記事があった。 (計画されていなければ )どのように、こうしたことが可能だったのだろうか?




0 件のコメント:

コメントを投稿