2013年11月25日

獣の印が目の前に来ている。


獣の刻印が明らかになってきた。

「また、小さい者にも、大きい者にも、富んでいる者にも、貧しい者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人 にその右の手かその額かに、刻印を受けさせた。また、その刻印、すなわち、あの獣の名、またはその名の数字を持っている者以外は、だれも、買うことも、売ることもできないようにした。ここに知恵がある。思慮ある者はその獣の数字を数えなさい。その数字は人間をさしているからである。その数字は六百六十六である。」 (黙示録13:16-18


NOW THE END BEGINSのサイトから、過去4年間我々は、皆さんに、私たちはどのくらい「獣の刻印」に近い時を生きているかを示してきた。この技術(獣の印のシステム)は、すべての場所で適用されることになるだろう。これは既に、あなたの家、あなたの車の中、あなたのゴミ箱、そしてあなたが24時間持ち歩いているスマートフォンなどの中に挿入されている。

フロリダ州にあるディズニー·ワールドは、10億ドルを投資し、テーマパーク全体にRFIDシステムを導入した。ここに入場するためには、チップを受けなければならない(チップが内蔵されたブレスレットを携帯する必要あり)。チップを好まない人は歓迎されず、入場できない。

彼らは脈拍を認識するパスワードを開発し、あなたが毎日接触する電子情報を蓄積しておく情報センターを作った。そして、 24時間あなたの活動を監視することができる国のシステムを構築した。 彼らに監視されていることは、私たちの意識を超え、認識することが不可能なほどだ。

MITの神経科学者たちは、生活の中で一度も起きたことがない出来事を「操作された記憶」としてあなたの脳の中に植え付ける技術を開発した。また、 Googleは、脳内にチップを入れて、スマートフォンがあなたの目の動きや脳波で作動できる技術を研究中である。

携帯電話会社であるVerizonは、RFID追跡装置と連動したスマートフォンの技術があなたの体の中に挿入されたらどんなに素晴らしいかを宣伝している。

このように、あなたは獣の印を受けるように準備(説得)されているのだ。興味深いのは、このすべてのことが、過去911事件を契機に加速しているということだ。

ニューヨークのツインタワーが崩壊してから1年足らずで、 Verichip Corpは、体の中に移植が可能なRFIDマイクロチップを初めて公開した。 2001911事件を契機に、米国と全世界が全く別の世界に変わっている。

世界政府( The New World Order )は、この新しい技術を拒否する人々を容認しないだろう。

テキサス州の高校に通っているAndrea Hernandezは、彼女がRFID追跡装置を拒否したという理由で追放を受けた。歴史的に政府に反対してきた人々 (反体制派たち)が、迫害を受けてきたという事実を忘れてはならない。

The Mark of the Beastシステムが目の前に来ているのだ。







http://japanese412.blogspot.com/2013/11/blog-post_25.html

0 件のコメント:

コメントを投稿