2013年11月20日

無人偵察機はチップが内蔵された携帯電話を持つあなたを追跡して殺すことができる。


CIAは、2001年から外国で武装した無人偵察機Predator droneを地上にいる特定の人を攻撃(殺害)することに使用してきた。これについて新たに明らかになったもう一つの事実は、この特定の対象者が、電源がオフの状態の携帯電話から位置を突き止められ、攻撃対象になることができるようになったのだ。国土安全保障省( NSA )は、携帯電話の電源がオフでもバッテリーを外した状態でも位置追跡が可能な新しい技術で、CIAが攻撃ターゲットを見つけられるように促進したのだ。


20049月からNSAが開発したこの新しい技術は、電源がオフの状態でも、携帯電話の位置を追跡可能にした。 " The Find "と呼ばれるこの技術は、電源が切れたり、さらにはバッテリーを取り外したりしても、作動状態を維持している携帯電話に内蔵されたチップを通して、これを所持した人々を追跡できる技術である。

NSA (国土安全保障省)携帯電話位置追跡研究団が運営する" The Find "CIAは、イラクのアルカイダの反乱軍のような多数の新しいターゲットを追跡して削除できたという。


*米国国土安全保障省(NSA)とCIAが相互に協力してチップが内蔵された携帯電話も、バッテリーを削除しても作動状態を維持している携帯電話に内蔵されたチップにより、これを所持した人の位置を追跡し、無人偵察機で攻撃(殺害)する作戦を実施してきたという事実が明らかになった。

携帯電話のように、チップが内蔵されたもの(人)であれば、いつでもその位置を追跡され、攻撃されることが可能だということだ。これは、体の中にチップ(ベリーチップ)が打ち込まれた瞬間、これを受けた人々は、誰もが24時間の監視と攻撃の対象になるという意味である。



人々の体の中にチップを打ち込んで制御しようとする勢力(世界政府主義者)は、このチップを通してあなたのすべての動きを監視し、必要に応じていつでも武装した無人偵察機を送って、あなたの頭の上に爆弾を投下しようとするだろう。


これにより、"だれでも獣の名の刻印を受ける者は、昼も夜も休みを得ない。"(ヨハネの黙示録14:11)と記された聖書の預言が文字通り実現されるだろう。

http://japanese412.blogspot.com/2013/11/blog-post_20.html

0 件のコメント:

コメントを投稿