2013年8月23日

グランド•イリュージョン - The Eye(ホルス)が世界を動かしていることが分かりますか?



グランド•イリュージョン(原題Now You See Me)という原題と同名の小説を原作にしたハリウッド映画が822日、韓国でも公開した。エジプトの時代に存在したホルスに仕えトリックではなく、本物の魔法を使い裕福な人々の不当な利益を奪って貧しい人々に分け与えたThe Eye(アイ)と呼ばれる秘密の魔法のグループに所属する一人の男が、四人の新米の魔術師を訪ね、自分が出した3つの魔法の問題を解決すれば、彼らもこのグループのメンバーとして受け入れるという提案をする。



催眠魔術師と脱出プロのマジシャン、そしてマジック計画者と窃盗•詐欺の専門家で構成される彼らは自分たちも正確な正体を知らないThe EyeからFour Horsemenと呼ばれ、不当な利得を取った人たちのお金を奪って貧しい人々に分け与えるという3つの魔法の課題を果たすという命令を受ける。この課題を達成した彼らは、最終的に認められ、伝説的な秘密結社団体であるThe Eyeのメンバーとなる。

The Eyeから3つの魔法の課題を果たすように指示を受けたFour Horsemen - ヨハネの黙示録6章に登場する神の審判を代行する4人の騎士を真似している。

催眠(マイコン)魔法の専門家 - イルミナティが人々を操縦するために使用している強力な武器がマインドコントロールです。

脱出マジックの専門家 計画(陰謀)を案じ、舞台から消えて自分の存在を隠すことが彼らの得意技である。

The sleight(器用)と呼ばれる第三の人物は、詐欺と窃盗の脱出の専門家である。目的を達成するためにイルミナティが使用するすべての違法行為を表している。

三度のマジックショーを緻密に設計したショーマンです。


万物を見る目(All seeing eye)を連想させる映画の原題(Now You See Me)と映画のあちこちで登場する万物を見る目(ホルスの目)を通して、私たちは、権力の隠れた背後で、実質的に世界を動かしている秘密結社団体、イルミナティ(フリーメーソン)をテーマにした映画であることを容易に推測することができる。

映画は、The Eye(イルミナティ)を代表しているFour Horsemenと米国政府を代表するFBI捜査官との対決の過程を示している。マイコンの技術と様々な秘密の魔法で武装された彼らの前に米国政府を代表するFBI捜査官は、いつも愚かで無気力な姿を見せている。

魔術師と対決するFBI捜査官は終始無気力な姿を見せている。イルミナティの陰謀に踊らされる、世界政府を象徴している。

映画は、私たちの目に見える力(政府)の背後に、これを操縦しながら実質的に世界を動かしている秘密集団(The Eye、イルミナティ)がおり、彼らが不当な勢力から抑圧されている人々を助けるというメッセージを与えている。
The Eye(ホルス)に仕えるイルミナティが世界を動かしていて、彼らだけが塗炭の苦しみに陥った人々を助けることができる。"さあ、この事実が分かりますか?"Now you see me?)という映画はこのように大衆を洗脳しているのである。


映画のポスターやシーンのあちこちで登場する万物を見る目(The Eye)、万物を見る目(ホルス)に仕えるイルミナティが世界のすべてを監視し支配しているというメッセージを伝えている。 NWO樹立は非常に長い時間彼らが計画していたショー(陰謀)である。

映画に次々と登場するFour Horsemenのロゴがニューヨークのツインタワーを貫通する飛行機の姿や数字911を連想させている。911事件こそ、NWOを実現するイルミナティが計画した最高のマジックショーだった。

4 件のコメント:

  1. 想像力が豊かですね

    返信削除
    返信
    1. そうですよね~

      削除
  2. 本日2回目の書き込みですが、福島の者ですが、911と福島の311の地震は共にアメリカの仕業ですよ!民主党がホルスの目だからね!
    やはり貴方はアメリカの狗なんでしょうね!
    あの映画を見てこの文なんだから。

    返信削除
  3. 決め付けもここまで来ると天晴れですね(*´・ω・`)b

    返信削除